市長の部屋

市長記者会見 平成25年11月5日

平成25年11月5日(火曜日)定例記者会見  
第10回土浦カレーフェスティバル&食の地域名産品大集合
天童フェア
第14回常陸国・小野小町文芸賞表彰式
平成25年度土浦市金婚をたたえる集い
平成25年度土浦市地域防災訓練
都和南小学校区防災訓練

第10回土浦カレーフェスティバル&食の地域名産品大集合
 平成17年の第1回開催から本年で10回目を迎えることとなり、これまで1日のみだったものを、16日(土曜日)・17日(日曜日)の2日間にわたり、川口運動公園陸上競技場を舞台に開催いたします。
 本市の食の歴史・文化、地域資源を活かしたまちづくりの一環として、市民・事業者・関係団体が協働により、「カレーのまち土浦」を推進するため開催しております。
 恒例となりました、カレーナンバーワン選手権「C-1グランプリ」では、本年もカレーライス等の「主菜部門」と、パン・菓子等の「創作部門」の2部門においてそれぞれのナンバーワンを決定いたします。審査は来場者による投票形式により選考された上位3品を、カレー専門家らが審査し「グランプリ」を決定します。
 また、全国各地から集まるご当地カレーでは、お馴染みとなりました北海道「富良野オムカレー」、神奈川県「よこすか海軍カレー」、長野県「黒部ダムカレー」などに加え、今回福岡県から「門司港焼きカレー」が初参加いたします。文字通り北は北海道から南は九州まで、全国の有名ご当地カレーが集結いたしますので「つちうらカリー物語」とあわせ、各地のカレーの味比べを存分にお楽しみいただきたいと思います。
 更に、カレー以外にも「食の地域名産品大集合」として、「北茨城市のあんこう鍋」など県内各地域の名産品や、「富士宮やきそば」など、多くの全国ご当地グルメの皆様にご参加をいただくほか、「れんこん料理フェスタ2013」も同時開催いたしますので、本市最大の食の祭典として、ご来場の皆様にご満足いただけるものと思っております。
 なお、16日は、土浦青年会議所が主催する「土浦市まちづくりシンポジウム」の一環として、霞ヶ浦上空でのアクロバット飛行をご覧いただけるエアショーが、17日にはお子様に人気の「ゆるキャラまつりin土浦」を同時開催いたします。盛りだくさんの内容となっておりますので、「土浦カレーフェスティバル」に、市内外から多くのお客様にご来場いただけますよう、よろしくお願いいたします。

天童フェア
 山形県天童市とは、平成12年12月に「相互交流に関する協定書」を締結し、観光交流を進めており、毎年物産品の販売などを行っております。
 今回の天童フェアでは、産地から直送されたリンゴやラ・フランスの販売をはじめ、山形名物の玉コンニャクの実演販売なども実施いたします。
 会場は、まちかど蔵、さんぱる、小町の館の3か所で、23日(土曜日)、24日(日曜日)の2日間開催いたします。是非、天童の産地直送の特産品をご賞味ください。

第14回常陸国・小野小町文芸賞表彰式
 小野地区は、平安時代の歌人で絶世の美女と謳われた「小野小町」終焉の地として語り継がれている伝説の里です。
 この小町伝説にちなんで、短歌と俳句の作品を全国から募集しましたところ、今年も2,350点におよぶ応募がございました。
 つきましては、30日(土曜日)午前10時から、新治総合福祉センターにおいて、受賞作品の表彰式を開催いたします。

平成25年度土浦市金婚をたたえる集い
 「金婚をたたえる集い」につきましては、市内に居住する結婚50年を迎えられるご夫婦をお迎えし、永年、社会に貢献された実績に敬意と感謝を表すとともに、今後の健やかな生活を祈念し、結婚50年をお祝いすることを目的に開催しております。
 本年は、182組のご夫婦をお招きし、11月13日の水曜日に、ホテルマロウド筑波で開催いたします。

平成25年度土浦市地域防災訓練
 本市では、災害に強いまちづくりのため、地域の皆さんと連携して、防災対策の着実な推進に努めています。
 その一環として、土浦市地域防災計画に基づき、災害応急対策の実践的な訓練と住民の防災に関する理解と意識の高揚を図ることを目的に、防災訓練を実施しております。
 本年は、地域防災訓練として11月10日の日曜日、午前8時から土浦第二中学校を会場として、地区長連合会真鍋ブロックの皆さん、そして多くの関係機関の皆さんのご協力をいただき実施するものです。
 当日は、土浦市を震源地とするマグニチュード7.0、震度6強の直下型の地震が発生し、家屋の倒壊、火災の発生、道路やライフラインの損壊などの被害が生じ、また負傷者も多数出ているとの想定で、総合的な訓練を行うものでございます。特に今回は、第二中学校に先の9月に竣工した100トン型耐震性貯水槽を活用した給水訓練も行います。
 被害を最小限に抑えるために、日頃から地域ぐるみの身近な訓練が極めて大切なことであり、地域の皆さんとともに、関係機関が一堂に会して訓練を重ねることは、いざという時の的確な対応につながるものと考えております。

都和南小学校区防災訓練
 通常、学校の訓練は、子どもたちが学校生活を送っている時間帯の災害を想定し、校内で子どもを一定の場所に避難させ、その後、保護者に引き渡して帰宅させる「引き渡し訓練」が一般的です。一方、地域の防災訓練も、消火訓練や応急救護等の指導を受けるという「防災活動の訓練」が一般的ですが、今回は、市内で初の試みとしまして、地域と学校が連携し、訓練のスタートを「家から学校への避難」という形態にしたことにより、避難経路を確かめるとともに、避難した後の様々な防災活動を地域住民と子どもたちが協力し体験することができる内容になりました。
 より効果的な防災対策の在り方を考える上でも、大変重要な取り組みでありますので、一人でも多くの参加をお願いしたいと思います。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは広報広聴課 広報広聴係(広報)です。

土浦市役所(本庁舎 3階) 〒300-8686 茨城県土浦市大和町9番1号

電話番号:029-826-1111(代) 内線2331・2349・2396 

問い合わせフォームはこちら

アンケート

土浦市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2015年4月23日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る