くらし

国民年金

国民年金とは 

 

 日本国内に住所のある20歳以上60歳未満の方は、国民年金に加入する必要があります。会社に勤めている方は厚生年金に、公務員は共済組合に加入している方が多数ですが、同時に国民年金の加入者でもあります。
 国民年金にはみなが加入し、老後や病気、ケガで障害をもったとき、配偶者に先立たれたときなどに年金を支給し、経済的な支えになることを目的としています。

 

国民年金に加入する方は


 
保険料を納める方法によって3種類に分かれます。

種類

該当する方

保険料の納め方

第1号
被保険者

日本国内に住所がある自営業,農林漁業者,無職者など(厚生年金,共済組合に加入していない)20歳以上60歳未満の方 ※学生も含まれます

納付書,口座振替,クレジットカード等でご自身で納めます。

任意加入被保険者

次の方は,本人の希望で加入できます。

  1.  日本国内に住所がある60歳以上65歳未満の方
  2.  日本国内に住所がある65歳以上70歳未満の方 (昭和40年4月1日以前生まれで,受給資格を満たしていない方に限られます)
  3.  日本国内に住所がない20歳以上65歳未満の日本人

第2号
被保険者

  1. 厚生年金保険・船員保険の被保険者
  2. 共済組合の組合員

給料から厚生年金保険料,船員保険保険料,共済組合長期掛金として差し引かれ,その中に基礎年金部分としての国民年金保険料が含まれています。

第3号
被保険者

65歳未満の第2号被保険者に扶養されている配偶者(サラリーマンの妻など)で20歳以上60歳未満の方

第2号被保険者の加入している年金制度がまとめて負担しますので、自分で納める必要はありません。

国民年金の手続き

 

国民年金に加入・脱退するとき
会社を退職した場合,配偶者の扶養から外れた場合や任意加入する場合,海外転出・転入の場合など

 

国民年金の保険料
今年度の保険料の額,納付方法や付加保険料について

 

保険料を納めるのが困難なとき
保険料免除制度・納付猶予制度・学生納付特例について

 

年金を請求するとき
老齢基礎年金・障害基礎年金・遺族基礎年金

 

年金を受け取っている方の手続き
住所・氏名・受け取り口座の変更など

 

被保険者・年金受給者が死亡したとき
遺族基礎年金・未支給年金・死亡一時金など

 

国民年金基金

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは国保年金課です。

土浦市役所(本庁舎 1階) 〒300-8686 土浦市大和町9番1号

電話番号:029-826-1111(代) 国保賦課係⇒内線2296 国保給付係⇒内線2295 医療福祉係⇒内線2316 国民年金係⇒内線2290

問い合わせフォームはこちら

アンケート

土浦市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2016年11月25日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る