市長の部屋

市長記者会見 平成27年8月3日

・ふるさと土浦応援寄付

・子ども模擬議会

・田んぼアート

・平成27年度敬老事業

 

ふるさと土浦応援寄付

 ふるさと納税は、全国の各自治体で、寄付をいただいた方へのお礼として特産品等をお贈りしております。本市におきましても、地元特産品を広くPRし、新たな販路拡大など、地域の活性化を第一の目的として、市外在住の寄付者に対し、9月から特産品等をお礼としてお送りさせていただくため、現在、特産品やサービスを提供いただける市内の事業者を募集しております。本市をPRするため、事業者の皆さまには、ぜひご協力をお願いしたいと思います。なお、これまでにも、寄付をいただいた方にかすみがうらマラソンのエントリーの権利を贈呈した経緯がございますが、9月からの本格実施に先駆けまして、数量限定ではございますが、本日8月3日から8月31日までに10万円以上の寄付をしていただいた方に、10月3日に開催を予定しております「新市庁舎開庁記念 第84回土浦全国花火競技大会」の桟敷席券をお礼として差し上げます。この桟敷席券は、即日完売となるなど大変人気がございます。これを機に、土浦市にご寄付をいただきますとともに、日本一の花火大会をご堪能いただきたいと思います。

 

子ども模擬議会

 今年で20回目を迎える子ども模擬議会を、8月21日(金)に開催いたします。今年は、市内各中学校から代表して16名の子ども議員が、「日本一住みやすいまちづくり」のために、土浦の未来を真剣に考えた質問や意見を投げかけてくれます。大人にはない視点や発想で、今後のまちづくりにつながるような意見を聴けることを楽しみにしております。また、子どもたちがこの体験を通じて、土浦市に対して理解を深めるとともに、市民の一員であることを自覚し、郷土への誇りや愛着を育んでくれることを期待しております。

 

田んぼアート

 数々の小町伝説が残る土浦市小野地区において、絶世の美女とうたわれた「小野小町」を田んぼにデザインする「田んぼアート事業」も、今年で2年目を迎えます。6月13日に実施しました田植え体験会で、5色の稲を使い描かれた小町の絵柄も見頃を迎えたことから、8月22日(土)に小町の館前で観賞会を開催いたします。市民の皆さんを始め、多くの方々に田んぼアートを楽しんでいただくため、仮設展望台や高所作業車を準備いたします。また、土浦市消防のはしご車の試乗体験会なども予定しておりますので是非おいでください。

 

平成27年度敬老事業

 9月に「敬老の日」を迎えるに当たり、多年にわたり社会に貢献いただきました高齢者の皆さまに対し敬意を表しますとともに、長寿を祝福いたしまして、お祝状などの贈呈を行うものでございます。対象となる方は、市内に居住する、最高齢の方をはじめ、本年度中に100歳になられる方、および88歳になられる方となります。本年度におきましては、4月1日現在で最高齢者が107歳の女性の方で、100歳の方は26名、88歳の方は589名となっており、最高齢の方には祝状と記念品、100歳の方には祝状と祝金5万円、88歳の方には祝状と記念品をそれぞれ贈呈いたします。 また、100歳になられる方のうち、承諾をいただいた方につきましては、8月24日(月)に、私が直接訪問させていただき、祝状などを贈呈いたします。

 

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは広報広聴課 広報広聴係(広報)です。

土浦市役所(本庁舎 3階) 〒300-8686 茨城県土浦市大和町9番1号

電話番号:029-826-1111(代) 内線2331・2349・2396 

問い合わせフォームはこちら
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2015年10月21日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る