市長の部屋

市長記者会見 平成27年10月5日

・平成27年度土浦市金婚をたたえる集い

・土浦市男女共同参画講演会

・平成27年度土浦市在宅医療・介護連携拠点事業 市民講演会

・上高津貝塚ふるさと歴史の広場 開館20周年記念 第14回特別展『上高津貝塚のころ ―縄文後晩期 円熟の技と美―』」及び「土浦市立博物館テーマ展『戦争の記憶―土浦ゆかりの人・もの・語り―』

・第39回土浦市産業祭及び第3回土浦そばまつり

・市職員等による常総市への支援金

 

平成27年度土浦市金婚をたたえる集い

 市内に居住する結婚50年を迎えられるご夫婦をお迎えし、長年、社会に貢献された実績に敬意と感謝を表すとともに、市政の歩みと共にご夫婦で戦後の復興と高度成長を歩まれた労苦をねぎらい、今後の健やかな生活を祈念し、金婚をお祝いするものです。本年は、167組のご夫婦をお招きし、10月13日(火)に、ホテルマロウド筑波にて開催いたします。

 

土浦市男女共同参画講演会

 地域の活性化を図り、若い世代を中心として、将来にわたって市民が安心して働き、希望に満ちた結婚、出産、子育てをすることができる地域社会を実現するためには、まち・ひと・しごと創生総合戦略の重点施策の1つであるワーク・ライフ・バランスの推進が求められています。10月24日(土)、(株)ワーク・ライフバランス社長の小室(こむろ)淑恵(よしえ)さんをお迎えして、県南生涯学習センターにおいて講演会を開催いたします。子育て中の方やこれから結婚して温かな家庭を築こうと思っている方などに、是非、お聞きいただきたいと思います。

 

平成27年度土浦市在宅医療・介護連携拠点事業 市民講演会

この事業は、平成26年度より県のモデル事業を受け実施しており、団塊の世代が75歳に到達する2025年、超高齢社会を迎えても、高齢者が住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、在宅医療・介護の普及・啓発を目的にしております。また、医師、歯科医師、薬剤師、看護師、ケアマネジャーなど多職種協働による、一体的な医療・介護サービスを提供できる支援体制を構築しております。今回の市民講演会は、市民の皆様に在宅医療についての理解を深めていただくため、全国在宅療養支援診療所連絡会副会長であります鈴木(すずき) 央(ひろし)先生を講師としてお迎えし、「住み慣れた我が家 住み慣れた地域(つちうら)で暮らしたいから」と題し、10月25日(日)に土浦市民会館小ホールにて開催いたします。

 

上高津貝塚ふるさと歴史の広場 開館20周年記念 第14回特別展『上高津貝塚のころ ―縄文後晩期 円熟の技と美―』」及び「土浦市立博物館テーマ展『戦争の記憶―土浦ゆかりの人・もの・語り―』

 上高津貝塚ふるさと歴史の広場の開館20周年を記念する今回の展示では、霞ヶ浦沿岸の遺跡から出土した縄文土器や土偶、高度な漆工技術を示す漆器といった工芸的に優れた遺物を通して、上高津貝塚が作られた、縄文時代後晩期に生きた人々の暮らしぶりを紹介します。関連行事として、縄文時代を専門とする考古学者による記念講演会、展示案内会、霞ヶ浦沿岸貝塚バスツアー、そして縄文時代の植生が復元された植物観察会を実施いたします。

 次に、土浦市立博物館のテーマ展では、戦後70年の年にあたり、博物館で所蔵する戦争に関する資料を中心に紹介いたします。現在、戦争を体験した方々も数少なくなり、当時の記憶にふれる機会も減りつつあります。この展覧会では、現在の私たちにとって戦争とは何だったのか、子どもたちと次の世代へ戦争の記憶を伝え、平和を考える機会にしたいと考えております。関連行事として、戦争ゆかりの地を歩いてたどる見学会、展示案内会、土浦二高茶道部によるお茶会を実施いたします。

 ぜひ、両館の特別展、テーマ展を多くの方々にご覧いただけますよう、ご協力をお願いいたします。

 

第39回土浦市産業祭及び第3回土浦そばまつり

 今年で39回目となる産業祭は、来る10月24~25日の土・日曜日の2日間、川口ショッピングモールを会場として開催いたします。各会場の主な内容につきましては、「商業祭」では、市内商店の安売り市、お楽しみ模擬店、観光土産品の展示即売会を。「農林水産祭」では、地場農産物の展示即売等を。「工業祭」では、工業団地立地企業の紹介や工業製品の展示PRを実施いたします。そのほか、モール505特設会場で「こども理科教室」や「健康バランス測定」などを開催いたします。さらに本年はキッズショベル運転体験コーナーも予定しております。あわせて、福祉の店ポプラを始めとする16団体によるチャリティーバザー、音楽ライブやテレビでお馴染みのキャラクターショー、生サンマのチャリティ配布なども実施いたします。 

 また、「土浦そばまつり」は、本市で生産された「常陸秋そば」を広く市内外にPRし、消費拡大と地域振興を目的として開催いたします。本年で3年目となりますが、新市庁舎開庁記念として、開催場所をうらら広場に移し、産業祭と同日開催することで、多くの皆さんにそばを楽しんでいただく機会を提供したいと考えております。本市産の「常陸秋そば」を使用した、そば愛好会による手打ちそばを、是非ご堪能いただきたいと思います。両日とも、楽しめる企画を用意しておりますので、ぜひ、多くの皆さまにお越しいただきたいと思います。

 

市職員等による常総市への支援金

 平成27年9月関東・東北豪雨で発生した鬼怒川の水害により、甚大な被害を受けた常総市の皆さまは、現在も復旧作業にご尽力されております。本市といたしましても、職員を派遣するなどして支援を行っているところです。本市の職員や外郭団体・職員親睦団体が自主的に支援金を募りましたところ、132万円余りが集まりました。今般、職員等の依頼を受けまして、私がこの支援金をお預かりし、明日6日の午前中に常総市にお届けします。また、併せて土浦全国花火競技大会実行委員会からの支援金50万円もお届けします。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは広報広聴課 広報広聴係(広報)です。

土浦市役所(本庁舎 3階) 〒300-8686 茨城県土浦市大和町9番1号

電話番号:029-826-1111(代) 内線2331・2349・2396 

問い合わせフォームはこちら
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2015年10月21日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る